運転適性検査指導者資格講習

  〇 適性検査により、効果的な指導と人事管理を図る。

 会社が社員に期待するのはその能力ですが、人には必ず個別の性格が付いています。そして、高い能力の裏側に偏った性格が付いた部下を抱え、幹部が苦慮する姿はめずらしいものではありません。その性格を無視した指導・教育は効果を上げず、逆に、その性格に配慮した指導・教育は消極的になりがちです。

 こうした課題を克服しようとする方法のひとつがこの運転適性検査です。この検査は、交通事故の傾向とその関連性の要素である
 1.動作の正確さ
 2.動作の速さ
 3.精神的活動性
 4.衝動抑止性
 5.情緒安定性
について評価します。
 そして、個人の適性又は欠陥を指摘し、欠陥を補完する運転を具体的に指導することによって交通事故の防止を図ろうとするものです。

 もちろん、この検査だけでその人の評価を決めることはできませんが、この検査結果を踏まえた指導・教育は、人事管理・業務管理にも役立つものと期待されます。

 

[講習会]

 当協議会では、愛知県警察本部交通部の指導の下、警察庁方式運転適性検査指導者講習会を実施しています。

 講習を修了された方には愛知県警察本部長の運転適性検査指導者資格者証が交付され、別途検査用紙(1枚200円)を購入することによって事業所の従業員を対象に運転適性検査を行うことができます。

 ※ 資格者不在の事業所は検査用紙の購入ができません。

 令和元年度の講習会実施要領は次のとおりです。

1 募集人員
  60人(先着順)

2 募集期間
  令和元年8月1日(木)から15日(木)まで
  ただし、募集人員に達し次第締め切りとします。

3 受講対象者及び年齢
 ・ 対象者  県内の安全運転管理者選任事業所のうち、地区協議会の会員事業所の
       方に限ります。(安全運転管理者等である必要はありません。)
 ・ 年齢   概ね30歳以上60歳以下

4 事前検査
 ・ 日時  9月4日(水)又は5日(木)のどちらか1日の午前中
 ・ 場所  交通安全普及所
       愛知県運転免許試験場(天白区平針)内
 ・ 内容  警察庁方式運転適性検査(73-1)型を受けていただき、
      その判定値が「適性」である方が受講対象者となり、別途
      講習案内を送付します。
 ・ 検査手数料  300円

 ※ 現在、運転免許試験場には来場者用の駐車場がありません。
   立て替え工事のため、来場者用駐車場が閉鎖されています。
   公共交通機関をご利用ください。

5 本講習(K-2型)
 ・ 日時  10月17日(木)及び18日(金)の2日間
 ・ 場所  名古屋市昭和区滝子町30-16
        愛知県自動車会館 第一会議室(5階)

6 受講料
  6,000円(テキスト代等を含む)

7 応募方法
  機関誌「AAKK」8月号(P17)掲載の応募用紙に必要事項を記入し、
 当協議会宛てにFAX(052-883-3100)でお申し込みください。