矢橋昇先生の交通安全随想 『交通を通して社会が見えるⅡ』
 長年にわたって安全運転管理者講習の講師を務めていただいている交通評論家:矢橋昇先生の新しい交通安全随想集が出版されました。
 機関誌「AAKK」に連載された随想のうち、2010年からの71話を抜粋、加筆修正した随想集です。
 ※ 出版社HPへ 紹介ページへ 

i ネット(アイ・ネット)のご案内  会員対象事業
 警察本部が作成した交通事故防止PDF、機関誌「AAKK」に掲載された「今月の安全運転管理」「KYT(危険予知トレーニング)」その他のPDFをメールでご紹介します。
 必要に応じてダウンロード、印刷してお使いいただけます。   ※ 詳細 ◎ 登録・変更

交通講話のご案内  会員対象事業 
 〇 機関誌「AAKK」編集雑記、「月刊 自動車管理」コラム著者による交通講話
   「あれしろこれしろ、事故するな!」ではなく、安全運転ができない理由を整理し、
  交通安全の価値を一緒に考え、安全運転の実現に向けたメッセージを伝えます。

  [骨子] 1 安全運転ができない理由   2 交通情勢と課題
       3 過失の程度と結果の重大性  4 安全運転管理の目的
       5 警察官が交通違反の取締りを行う理由

   ※ 詳細はこちら 

安全運転管理 参考図書の紹介  →  会員割引

  ※ 図書の解説と購入手続(会員割引)はこちら

〇 安全運転チェックテスト
  42の設問で交通ルールと安全運転知識の理解度を判定します。

〇 交通安全DVD:いのちを守る!運転者の責任
  「いのちを守る」をテーマとして、悲惨な死亡事故を2つ取り上げています。「ドライバー誰しもが交通事故の被害者にも加害者になってしまう可能性があることを今一度自覚して安全運転してほしい」これが本作のメッセージです。

〇 月刊 自動車管理 安全運転管理に関する専門情報誌(月刊)
   新年号から「AAKK」の編集雑記が掲載されることになりました。