[ 最近の更新 ]

 

◎ 法定講習会の日程
 (1) 安全運転管理者講習会(PDF)
 (2) 副安全運転管理者講習会(PDF)

 ※ オンラインによる法定講習の申請要領は、後日掲載予定です。

 

◎ 安全運転管理者制度に関する手続の一部変更 ← PDFへのリンク

 1 安全運転管理者選任届等の届出がインターネットでもできます。(R4.1.4~)

 2 安全運転管理者証が廃止されます。(R4.1.1~)

 

◎ 安全運転管理者等の届出手続き(愛知県警察HPへのリンク)

  ☆ 安全運転管理者の選任・変更に伴う申請様式
    安全運転管理者に関する届出書(Excel)
    安全運転管理者に関する届出書記載例(PDF)
注)1 事業所の名称変更、住所変更についてはこの書類(様式)に入力し、両面印刷してください。
  2 安全運転管理者の選任・交代についてはその他の書類を提出する必要がありますので、上記県警HPをご確認ください。

 

※ 愛知県安全運転管理協議会(AAKK)の役割 ~ 入会案内
  交通事故防止は私たち共通の願いでありますが、それは、個々の運転技術の問題ではありません。
  交通事故防止とは、多くの人たちと共に安全で快適な交通環境を目指すことによって実現すべき課題です。
  交通安全管理、交通事故防止活動とは、企業のコスト削減活動ではなく、……
  ⇒ PDF  Excel

 

☆ 県警動画(YouTube)

 1 愛知県警交通安全サポーター「交通事故防止コンサルタント:上西一美さん」のドラレコ動画

   (1) 歩行者保護
   (2) 二輪車の交通事故防止  
   (3) 高齢歩行者の交通事故防止
      (4) 高齢自転車の交通事故防止
      (5) 子供の交通事故防止

 

 2 愛知県警交通安全教育チーム“あゆみ”の動画
  

○ 「Respect The Law 38」 ~ 特別イベント(YouTube動画)
 ・ 上西一美さんとの対談
  1 被害者遺族 …… 社会に望むこと  15:45 –
  2 プロジェクト賛同企業 …… 活動と効果  50:00 –
  3 AAKK専務理事 …… 歩行者保護の理由  1:30:00 –

 

〇 「AAKK」編集雑記 ~ 2022年 5月号「シートベルト

  ◎ 編集雑記バックナンバー

 

☆ 小冊子 ~ [交通安全の価値を考える]

  機関誌「AAKK」の編集雑記が「月刊 自動車管理」に掲載され、冊子(¥198)になりました。

  ※ 会員割引(-10%)適用申込書

 

[お知らせ]

 参考図書の会員割引拡大!

 - 5% ⇒ - 10%

 

エコ&セーフティ 100日間 無事故・無違反運動 2022
1 応募期間:令和4年6月1日(水)~ 6月17日(金)
  ※ 先着350チーム
  注)応募期間前の申請は無効です。

2 運動期間:令和4年7月11日(月)~ 10月18日(火)の100日間
  ※ 詳細はこちらから
  ※ 関係資料ダウンロード
   ○ 応募の流れ(PDF)
   ○ 参加申請書(Excel)

[アルコールチェックの義務化に伴う運転日誌の様式案]

 令和4年4月1日から安全運転管理者の業務に
   運転者の酒気帯びの有無の確認記録の保存
が追加されます。
 これに伴い、記録の保存方法の1例として(株)企業開発センターから運転日誌の様式を提案していただきました。
 アルコール検知器使用の義務化は10月1日からですが、これを踏まえた様式になっていますので、参考にしてください。

 ※ 様式のダウンロードはこちらから → Excel(車両ごと) Excel(運転者ごと)

 ※ 警察庁の通達はこちらから → 警察庁通達PDF

 

【 私たちの課題 】
  安全運転を習慣とすること
  そのための努力を惜しまないこと

……………………………………………………

《 メッセージ 》 私たち安全運転管理協議会は、交通事故を減らすだけではなく、会社の業務活動全体にも良い結果をもたらす安全運転管理のあり方を提案します。
 私たちがこれから取り組んでいくべき交通安全活動とは、交通安全というものに新たな価値を見いだし、その価値観を共有することによって新しい交通環境を創出しようとするものであり、それはまさにCSV(共通価値の創造)を通じたCSR活動であると考えています。
 安全運転管理協議会の会員として活動すること、それは新しい時代の交通環境を創造するCSR活動です。  会員募集中!

……………………………………………………

ドライバーとしての新型コロナウイルス感染対策
  ⇒ 今こそ、交通事故を防ごう!
 新型コロナウイルスの感染拡大によって医療現場の負担は急増し、医療の崩壊が懸念されています。
 医療の崩壊を防ぎ、私たちの社会を守るためにも、今交通事故による医療現場の負担を減らす必要があります。
 今、私たちドライバーのできること、今こそ安全運転を続け交通事故を防ぎましょう!