機関誌「AAKK」編集雑記 12月号 ~ 自動運転と「不便益」 ~
 「自動運転の車」と安全機能の進化によって「事故を起こさない車」とは別物である。
 一歩一歩足元を確かめて富士山に登るがごとく、私たち自身が日々安全運転に努め、これを続けることが運転することの価値なのであり、それによって自動車は安全で快適で便利な本来の機能を取り戻すことができる。
 現代のドライバーが果たすべき義務と責任とは、安全機能の進化に頼るのではなく、安全運転を行うことに自ら価値を認め、自分自身の力で安全運転を続けることである。